Case Study事例紹介

オフライン・オンラインで使えるハイブリッド講義卓

オフライン・オンラインで使えるハイブリッド講義卓

Subjectお客さまの課題

講義室で必要とされるAV設備は用意されているが、より多様な授業スタイルに対応できるように、可動式で利用できるアクティブラーニング機能を追加したい。

Flow納入までの流れ

01

ヒアリング開始!

電話・メール等でニーズを確認し、BYODやワイヤレス映像配信の活用、学生主体のプロジェクトベースの授業運営が求められていることを把握しました。

02

最新機器デモ+現地調査を実施

東北の案件でしたが、飛行機に乗りデモへ伺いました。講義室の既設AVシステムの状況を確認し、可動式で利用するアクティブラーニングシステムを、どのように既設設備と連携させるべきか、重点的に確認しました。

03

選定機器・運用方法の再検討を実施し、再提案へ。

当初検討していたワイヤレス映像配信システムを見直しました。映像配信のスピードや、映像切替時のスムーズさに課題があったからです。早急に別案を検討し、社内で組み立て、動作試験を行い、品質を確認してから再提案をいたしました。

裁定案ではCynapを活用したオフライン・オンラインでも活用可能なハイブリッド卓をご提案しました。

運用についても、設置環境の教室の出入口、エレベーターの大きさ、教師卓の演台の高さから、最適な什器設計を行いました。既設AVシステムと接続する為に、電源コード・HDMIケーブルは長く余長をとる必要があり、その収納方法までに気を配りました。

04

弊社案の採用!

可動式のアクティブラーニングシステムや、運用方法のイメージ、価格が折り合い、弊社案を採用いただくことができました。コロナ禍でも、採用いただいたハイブリッド卓は、ワイヤレス端末接続・校内配信・Webカンファレンス・授業録画機能をフル活用いただいています。

Equipment
Data

納入機器データ

施工内容
  • 教室間連携システム
  • ワイヤレスプレゼンテーションシステム
  • インターネット配信システム
  • 授業録画システム
使用した機器
  • Cynap
  • Cynap pure
  • BIGPAD
  • 特型テーブル
Partner
Company

協業会社

ケーススタディ一覧
まずはお気軽にご相談ください
011-773-1000
011-773-1035