Case Study事例紹介

Subjectお客さまの課題

情報教室の機器の老朽化が進み、機器更新の必要性がありました。同時に、将来的には生徒それぞれが1台ずつ端末を所有する時代を予測して、中期的にも無駄にならない教室づくりが求められていました。

Flow納入までの流れ

01

機器老朽化に伴う、教室更新の提案を実施。

日頃から別教室でお付き合いのあるお客様でしたので、古くなった教室の存在を知っていました。Windows7のサポート切れの課題も抱えていたので、教室更新のご提案をいたしました。

02

先生方の思いを確認

単なる機器更新ではなく、次の時代に求められる情報教室の役割を先生方と話し合いました。結論としては、グループミーティングのしやすい学生卓の新規構築。先生が一斉指示のしやすい教卓×センターモニター機能を残すことで決定しました。

03

レイアウトの工夫と、あえてアナログの仕掛け

教室のレイアウトは、動くことの多い先生に配慮した計画をたてました。各グループの状況を、教室中央を通ることで把握できるようにしています。また、議論の意見出しに活用しやすい、自立可動式のホワイトボードも設置いたしました。学生卓は、将来的には学校備品のパソコンが廃止され、一人一台の端末を用いて授業できることをイメージして作成いたしました。

04

教室のその後

実は新聞記事で、学校のSDGSの取り組みが掲載されていました。そのとき、本教室を利用している写真が採用されていました。木の什器を活用した空間で、学生の皆さんがSDGSを議論する姿に、大変感動いたしました。

Equipment
Data

納入機器データ

施工内容
  • アクティブラーニング
  • 情報教室
  • AVシステム
  • 映像切替器
  • センターモニタ
  • シンクライアント
使用した機器
  • CaLabo LX
  • 特型テーブル
  • 北海セレクタ
  • マスターコントロールユニット
  • ノートパソコン
Partner
Company

協業会社

ケーススタディ一覧
まずはお気軽にご相談ください
011-773-1000
011-773-1035